TOP Site Map Contact

平成18年度第1回理事会・総会・評議員会を開催

総会全景
総会全景

県建設業協会(伊藤孝会長)は5月22日、静岡市葵区のホテルアソシア静岡ターミナルで決算総会(平成18年度第1回理事会、総会、評議員会)を開いた。合わせて行った全建表彰の伝達式、協会表彰、協会長表彰では、伊藤会長から受賞者に表彰状などが贈られた。

伊藤会長
伊藤会長

冒頭伊藤会長は、あいさつの中で公共工事の品確法に触れ、「技術と経営に優れた企業が生き残り、伸びることができる環境整備が大切であり、特に市や町における運用が適切に行われるよう、積極的な支援体制をお願いしたい」と述べた。

総会には、来賓で鈴木雅近静岡県副知事、石橋康弘県議会副議長、古川博一県土木部長らが出席。議事では各委員会活動などの05年度事業報告、収入支出決算のほか、役員の選任で白鳥勝平氏(静岡協会)の理事就任、篠原徹夫氏(富士協会)と大石庄十氏(島田協会)の参与就任が承認された。

また、総会後には、宮城島光二氏と若杉吉明氏の春の叙勲・褒章受章祝賀会が行われ、伊藤会長から記念品が贈られた。

(建通新聞より転載)

表彰式
表彰式

☆協会長表彰の記事は4月19日のトピックスをご覧下さい。